pandawerの考察日記

ワールドトリガーを見ている人がより楽しむための一助になれば幸いです。

【ワールドトリガー】トリガーの「威力」・「耐久力」・「攻撃力」についての仮説

はじめに

評価項目に使われている「威力」・「耐久力」・「攻撃力」がどのようなものか自分の考えを書いていきたいと思います。
長いので、意味イメージ、それから※1くらい読めば大体わかるかと思います。

それぞれの意味 

「威力」:物体を破壊する能力
「攻撃力」:「威力」と運動エネルギーを合わせたもの
「耐久力」:ある程度のまでの「威力」・「攻撃力」を相殺する能力 

(※2)

イメージ

 それぞれどのような仕組みなのかのイメージです。(※1)
(耐久力は正確には、弾丸と接触している部分のシールドの耐久力)

  • 例1 威力 = 40 のアステロイド ×2 V.S.  耐久力 = 90 のシールド

f:id:pandawer:20210328213644p:plain

  • 例2 威力 = 90 のアステロイド V.S. 耐久力 = 50 のシールド ×2

f:id:pandawer:20210323112210p:plain

 弾丸を受けてシールドにひびが入った状態は、シールドのその部分の耐久力が下がった状態と考えられます。

 

理由

威力に関しては作中でも、破壊力と表現されているのでそのままです。
なので、耐久力と攻撃力がなぜこう考えられるかについて説明していきます。

まず「耐久力」は、二つの種類の場面で使われています。
1つ目は、攻撃手用トリガーの能力の解説
2つ目は、シールドの防御力の指標です。
ブレードは一見防御とは関係ないように見えますが、ブレード同士で切り合うことは、攻撃と同時に相手の攻撃を防御していることになります。つまり、この二つは同じ意味で使われていると考えられまうす。
そしてこれらから、耐久力は攻撃を防御するために必要な要素とわかります。

 

また、15話の鉛弾の説明で、

直接的な破壊力がない代わりにシールドと干渉しない仕組みのようだ

と説明されています。
実際119話の説明で、「威力」の代わりに「重くする効果」があります。鉛弾はシールドと干渉しないので「射程」や「弾速」に使っているトリオン(カバーや噴進剤)はシールドと干渉せず、「威力」部分(弾体)だけが干渉するということがわかります。
よって「耐久力」は「威力」を相殺する能力となるわけです。

 

また、「攻撃力」の意味についてですが、弧月にも「威力」にトリオンが使われていることは107話で説明されているので、同様に考えることが可能と思われます。

 


一方で、トリオンの弾丸とブレードの違いは実体があるかないかです。そして実体のあるブレードには質量があります。質量があるということはそれぞれに運動エネルギーが定義できます。このことから、「攻撃力」は、「威力」+運動エネルギーとなると考えました。
 運動エネルギー=1/2×質量×速さ(※2)

補足

※1 ”イメージ”の問題点について

このイメージ図のだと弾丸が当たった部分しか耐久力が下がらないことになりますが、実際はそうでない場所も割れてしまってシールドが壊れている点です。

また、射手の弾か狙撃手の弾かによってもシールドの破壊の仕方が変わってきているようです。そうなると、単に弾が当たった部分の耐久力が下がるわけではないということになります。

なので、イメージ図のように数値で考えることは難しいかと思います。

 


※2

  • 「~力エネルギー」とするとややこしくなるので、「~力」をエネルギー同じようにあつかっています。
  • ブレードの運動は並進運動と回転運動なので、回転運動の運動エネルギーも考える必要があると思いますが、そこまで厳密にしても特にメリットがないのでやってません。

 

 おわりに

妄想とも仮説ともつかないような文章を最後まで読んでくださってありがとうございます。イメージ図のように数値的に単純に考えられるかなと思っていたんですが、なかなか難しく不本意な結果になりました。

【ワールドトリガー】”カバー”の仕組みの仮説

はじめに 

トリオンの弾丸に使われるカバーについての仮説です。

正直これはただの証拠のない想像です。
なので、参考程度にご覧ください。

目的

カバーの性質を考える目的は

  • 射程をどのように伸ばしているのか
  • カバーの強度とカバーの干渉する対象

を知りたいからです。

わかっていること

f:id:pandawer:20210320152324p:plain

107話 12巻

ここから、カバーは射程を伸ばすためのもので、大気とは反応しにくいものだと分かります。

わからないこと

カバーの性質を考察する理由は、
射程をどのように伸ばしているのか、カバーの強度とカバーの干渉する対象を知りたいからなのでそれを知るために

  1. いつ消えるのか
  2. どういう時に壊れるのか

この2つを”わからないこと”として考えていきたいと思います。

 

仮説

カバーは、消費されるトリオン量に応じて、ある一定距離移動すると消滅するもので、硬質化したブレードやスパイダーの爪よりは弱いもの。というのが仮説です。

 

この仮説に至った理由

 

まず、いつ消えるのかです。
最大射程以上飛ぶと弾体と大気が反応して消滅することから、最大射程まで弾丸が飛ぶとカバーが消えることがわかります。

そこから、いろいろと考えて結果が、下の図のようになります

f:id:pandawer:20210323100720p:plain

{1}=*1
{2}=*2

 

次にどのくらいの強度かですが、

ブレードでアステロイドを打ち落とせることから、ブレードよりも弱いことがわかります。*3

ブレード>カバー

 

次にスパイダーの爪で傷をつけてることから、スパイダーの爪よりも弱いことがわかります。*4

爪>カバー

 

最後に弾丸でスパイダーを切っていることからスパイダーのワイヤーよりも強いことがわかります。*5

ワイヤー<カバー 

 

 

 

〈ちなみに弾丸同士は打ち落とす描写がありますが、カバー同士が衝突しているのか、カバーと「威力」が反応しているのか、それとも「威力」同士が反応しいるのか外見上はわからないので、それだけでは判断できません。

ただ、アステロイド/バイパーでハウンド、メテオラを打ち落としたり起爆する描写*6*7*8はあるので、威力が作用することは間違いなさそうです。〉

 

狙撃銃トリガーの通常弾とアステロイドとの違いについて。

アイビスでは壁抜き狙撃でコンクリートのようなものを貫通しています。なので、通常弾のカバーの強度はかなり高いと思われます。しかし、アステロイドでは貫通している描写があるのは、ガラスのみだと思われます。
他の場合は基本的に弾痕が残るのみで貫通していません。
したがって、狙撃銃トリガーの通常弾はコンクリートよりも固く射手/銃手の弾はそれよりも強度が低いと考えられます。質問コーナーの回答でも通常弾とアステロイドでは厳密には違うと言われているのでそういった部分の話ではないかと考えています。

 

仮説の問題

これは最初にの書いたように、ただの想像です。

一応、作中の描写とは矛盾しませんが、だからと言って正しいとも限りません。
現状の情報ではこれが正しいか間違っているか判断する要素がない状態です。
また、もしかしたら見落としがあって矛盾があることもあるかもしれません。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

 

*1:197話 

*2:36話

*3:36話 スコーピオンでアステロイドを打ち落とす場面

*4:62話、197話

*5:145話 ハウンドでワイヤーを切断

*6:114話 (厳密にはアステロイドではないが)ライトニングでメテオラを起爆

*7:192話 強化追尾弾でメテオラを起爆

*8:197話 バイパーでメテオラを起爆

【ワールドトリガー】トリオン物質・トリガーの分類およびその効果

トリオンでできた物質やトリガーの分類

f:id:pandawer:20210321225719p:plain

トリオン物質の分類 v5

厳密には効果の対象が非実体トリオン・実体トリオン・非トリオン物質で分けられるわけではなく、非実体トリオン・実体トリオンをさらに細かく分けて考える必要があると思われます。

その根拠として、
アレクトールとレッドバレトの干渉の問題があります。

図からはアレクトールの弾丸がレッドバレットの”弾丸”をキューブ化するように見えるが実際はしません。これはアレクトールがキューブ化する対象がレッドバレットの”弾丸”には含まれないからだと思います。

※レッドバレットの重しをキューブ化する描写はありますが、重しと弾丸は別物と考えています。

 

 

 

修正前

f:id:pandawer:20210321202942p:plain

トリオン物質の分類 v1

【ワールドトリガー】トリガーの仕組み

トリガーの仕組みについての想像

f:id:pandawer:20210321175359p:plain

射手トリガーの仕組み v1

f:id:pandawer:20210321183805p:plain

攻撃手トリガーの仕組み v1

 

f:id:pandawer:20210322005046p:plain

トリガーの仕組み 銃手 v1

 

【ワールドトリガー】トリガー開発史

これまで、明かされたトリガーの開発時期、開発エピソードをもとに作成。

詳細不明なトリガー、ランク戦、技術系統に関しては作中の描写をもとに、個人的な推測と想像で書いています。(破線の部分です。)

f:id:pandawer:20210328213050p:plain

トリガー開発史 v6

f:id:pandawer:20210318144519p:plain

トリガー開発史 射撃トリガー v3

 

 

 

以前のバージョン

f:id:pandawer:20210318144331p:plain

トリガー開発史 v5

f:id:pandawer:20210318093826p:plain

トリガー開発史 v4

 

f:id:pandawer:20210318081834p:plain

トリガー開発史 射撃トリガー v1



 

【トリガーメモ】オプショントリガーの分類

オプショントリガーの分析

汎用オプションと専用オプショントリガーについて分析してみる。

そこから、現在詳細な能力がわかっていないトリガーの能力を予測する。

汎用オプショントリガー

既に登場しているトリガーの内、汎用オプションと判明しているもの。

  • 韋駄天
  • カメレオン
  • グラスホッパー
  • スパイダー
  • スパイダー改
  • ダミービーコン
  • テレポーター
  • バッグワーム
  • バッグワームタグ

 汎用オプショントリガーの使用目的別分類

移動・多目的系

用途:機動の強化・対機動

 

情報戦・電子戦系

用途:探知・レーダーステルス・光学ステルス・レーダー欺瞞

  • カメレオン
  • ダミービーコン
  • バッグワーム
  • バッグワームタグ

専用オプショントリガー

既に登場しているトリガーの内、専用オプションと判明しているもの。

 

弧月

  • 旋空:トリオンを消費して瞬間的に攻撃を拡張する。*1
    弧月の射程が短い欠点を補うため。
  • 幻踊:トリオンを消費してブレードを変形する。
    シールドをよけたり、少しかわされても当てられる。

レイガスト

  • スラスター:トリオンを噴出してブレードを加速させる。*2ブレードの形状によらず利用可能。推進方向も調整できると思われる。*3
  • スラスター改

射撃トリガー用

  • スタアメーカー:弾丸が命中した場所にマーカーをつけることができる。対ステルス戦闘などで有効*4。マーカーはオペレーターの端末とリンクしておりレーダーで探知が可能。バッグワーム・カメレオンで消えても残る*5
  • レッドバレット:重量で相手を拘束するトリガー。シールドと干渉せず貫通する*6。重くする効果にトリオンを消費するため、射程と弾速がかなり落ちる*7。汎用オプションなので使用中はフルアタックになる。
  • レッドバレット改:レッドバレットを弾倉化して、拳銃の専用オプションとすることで、他のトリガーも同時に使えるようになっている。

 

不明なオプショントリガー

  • サイレンサー
    ポジションに関わらず装備されているので、弧月・レイガスト・射撃トリガーの専用オプションではない。
    汎用オプションかシールド/バッグワームの専用オプションのいづれか。
  • タイマー
    専用オプション、汎用オプションどちらの可能性もある。
  • 魔光
    弧月/シールドの専用オプション/汎用オプションである。
  • 強化レーダー
    汎用オプションあるいは、基本トリガーであるレーダーの専用オプションのいづれかと考えられる。

 

 

 

 

*1:26話4巻

*2:36話5巻

*3:63話9巻,128話15巻

*4:71話9巻

*5:BBF

*6:BBF

*7:119話14巻

【ワールドトリガーメモ】B級部隊の構成

はじめに

特に考察というほどでもないもの。

作中での描写等からB級上位と中位は4つに分類できる。

分類の方法は、チームの中で隊長、指揮官、エース、アシストの構成がどうなっているか。

  • 隊長は文字通り隊長。
  • 指揮官は、作戦の立案、戦闘での指揮、と状況のコントロールをしている人。
  • エースは点をよく取る人。
  • アシストは、エースの援護をしてエースの戦闘を支援する人。

とする。

さらに分類したそれぞれのタイプの特性、チームごとの個性を見ていく。

 

1隊長&エース+アシスト型


隊長がエースで、その戦闘を他の隊員が支援するタイプ。

  • メリット:A級レベルの隊長の戦闘力を存分に発揮できる。凝った作戦を必要とし ない分それぞれの隊員の役割が明確。
  • デメリット:作戦をしっかりと立てて戦おうとすると、隊長はエースと指揮官の兼務になりかなり大変。そこをどう援護できるかがカギ。また、部隊がそろって攻撃できる方向が限定される。

 

  • 影浦隊・弓場隊・那須隊・香取隊・諏訪隊がこれにあたる。

 

  • 弓場隊は外岡が単独行動が多く、帯島は経験が浅い。後述する東隊と似ている部分がある。
  • 那須隊は、エースがシューターで指揮しやすポジションかつ那須さん本人の能力で点もとれる。なので、残りの二人次第で作戦を基に戦うこともできる。
  • 諏訪隊は、諏訪さんと堤が組んでエースレベル、それを笹森がアシストとみている。

2指揮+エース+アシスト型

隊長が指揮を執り、エースがそれに従い隊長ともう一人でそれを掩護するというタイプ。

  • メリット:エースが戦闘に集中できる。また、指揮官も立てられる
  • デメリット:指揮官とエースは別の人になるので、意思疎通と連携が重要。ま た、エース以外の隊員の行動が戦闘に大きく影響する。

 

  • 鈴鳴第一・生駒隊・旧三雲隊

 

  • 最も王道を行くのが鈴鳴第一と旧三雲隊。
    このタイプはエースがアタッカー、指揮がシューター/ガンナー、アシストがスナイパーという形式がよいのではないか。
  • 生駒隊は4人なので王道ではない。
    藤沢海をエースとしてみていいものか悩んだが、結構早く落ちてるので残念ながらエースならず。エースレベルの実力をつけられればA級部隊も夢じゃないと思う。(理由は後述)

3隊長&指揮&エース/アシスト+エース/アシスト

隊長が指揮を執る以外は隊員の役割がほとんど同じタイプ。

 

  • メリット:火力の集中が容易。隊員の能力が近いので防衛戦闘において上位の指揮官にとっては扱いやすい。
  • デメリット:全員がそこそこまあまあなエースなのでチームとして点が取りづら   い。

 

  • 荒船隊・柿崎隊

 

  • 両隊長とも防衛重視ということで、葦原先生の凄さがうかがえる。
  • 柿崎隊はROUND5の反省から、2人と1人に分けた場合を考えていた。2人で組んで点を取る戦術や、1人で敵を抑える戦術が必要になってくるだろう。
  • 荒船隊は、もともと荒船隊長がアタッカーでそれを二人で援護するという体制で立ったことから、1に近い。ただ、荒船隊長がアタッカーではなくなったことで特性的にはが当てはまる。

4その他

まず、東隊。

東隊は、東さんがエース奥寺と小荒井はそのアシストというのタイプが一般的。ただし、二人の判断次第で逆もやったり、また指揮をとらせたりもしているので分類していない。英才教育の東さん。

 

次に漆間隊

まだ戦い方は判明していないが、奇襲を中心とした部隊だろう。冬島隊からトラッパーが抜けた構成見ることができる。一人なので指揮も作戦もエースもない。孤独。

 

問題の王子隊。
他のどの隊とも違って、隊形(誰が点を取るか)よりも機動を優先してるのでそもそもこの分類方法で分けること自体が難しい本当の例外。多分草壁隊もそうなんだろう。
一応メリットデメリットを上げるなら、
メリットは戦闘の主導権を握りやす所。機動力で相手の弱点を突いて、その対応を強要することができる。なので、玉狛第二のような、弱いけど戦闘において大きな役割を果たすメンバーがいる隊にとっては天敵。(A級部隊だとSN,SP,TRがこれにあたる)

デメリットは、火力の集中が難しい。
例えばROUND6のカシオVSオッサムの戦いで、カシオが先について攻撃を開始してしまったので戦力の逐次投入になってしまった。
カシオ+王子VSオッサム+アマトリチャーナなら勝っていたと思う。

(状況的に足止めしなくてはいけなかったので、カシオが先に攻撃を開始したこと自体は別に間違いではないけど、機動力を生かして隊を分散させると、集まるために時間のロスが発生してしまうという話、これは206話にあった機動力を揃える話と似てる。)

まとめると、機動力を生かして戦うためには、火力の集中のために移動時間の計算が必要になるということ。

 

最後に二宮隊。
二宮隊は、二宮がエース、辻と犬飼が二人でエース。というダブルエース体制と二宮が指揮&エース、辻と犬飼がアシストという体制がある。二宮はソロ総合2位ということもあり、B級相手には正直単独で1部隊とみてよいと思う。もともとA級部隊だったこともあって、B級の他の隊とは構成から違う。ただスナイパーがいない点が…。

 

終わりに(全体の感想)

うまく分類できてかというとそうでもない。結構例外がある。
ただ一つの基準としてみ見ることはできる。
A級部隊についても同様に分析することで、草壁隊、加古隊、片桐隊の戦術を考えるうえで参考にはなると思う。

ヒュース加入後の新三雲隊は、正直二宮隊を超えるレベルでA級部隊と近いのでここに入れない。

 

当然ですがここに書いてあることは、個人的な意見です。一応見落としのようなものはないともいますが、まるっきり忘れていることがあるとまた変わるかもしれません。